熟女強姦

縦書き表示サービス『 竹取 』
人通りのないその公園は暗くて静かだった。
仕事で遅くなった私は足早に家へと向かっていた。
がさ・・・と前の茂みがゆれたかと思うと、スタジャンにジーンズの若い男の子が二人でてきた。
にやにやとした笑みが顔に張り付いていて、私は身の危険を感じた。
いきなり後ろから手で口をふさがれ、腰に手をまわされた。
前にいた男の子たちが両足をもちあげ、茂みの奥に私を運んでいく。
足をばたつかせても、手をふりまわしても、効果はなかった。
茂みの奥の芝生は街灯で明るく、周りの茂みにさえぎられていた。
私を芝生の上におろした男の子たちは、私の手を頭の上でそろえて、ロープでしばった。
赤ちゃんのおしめをかえるように、私の足を持ち上げて、パンティストッキングとパンティを脱がす。
一緒に靴も脱げてしまった。
一人が私のシャツのボタンをはずして、スリップをやぶいた。
びりり・・・。
ブラジャーはナイフで切られて、ごみになってしまった。
「抵抗すると、きれいなお顔にキズがつくよ。」
童顔の青年がちょっと離れたところにナイフを突き刺しながら、私に警告する。
「脅かすなよ。震えてるじゃん。」
たれ目の青年が私の顔をなでながら、笑う。
色黒の青年が私のアソコを指でなでた。
「全然、ぬれてないな。」
たれ目の青年が私にキスしてくる。
にゅるっと舌が口の中に入ってきて、私の口の中を蹂躙する。
その舌をかんでやりたいけど、ナイフが怖くて抵抗できない。
乳首が舐められて、クリトリスも指でいじられている。
怖くてイヤなのに、ひさしぶりの愛撫に、体に火がつき始めた。
反対側の乳首が指でぐりぐりところがされて、アソコにも舌が侵入してきた。
「あふ・・・。」
「おねえさん、感度がいいねえ。」
私にキスしていたたれ目の青年が嬉しそうにいう。
たれ目の青年は、ちゅ・・・ちゅ・・・と軽く唇を合わせて、耳たぶを噛んで、首筋を舐めあげた。
「ああ・・・やだぁ・・・。」
しゃぶられて舌でころがされている乳首とアソコに入り始めたごつごつした指が私の快楽をムリヤリに引き出す。
「せっかくだから、楽しんだ方がいいよ。」
たれ目の青年がペニスをジーンズから取り出し、私の口の前に持ってくる。
「しゃぶってくれる?」
両手でおっぱいをもまれながら、ウエストを舐められていた私は唇を開いた。
私の中に入っている指は二本に増えて、膣壁をえぐるように、出たり入ったりしている。
ペニスを口に含むと、青臭い先走りの味が広がった。
「くぅ・・・。」
たれ目の青年が気持ちよさそうなあえぎ声をあげる。
私は舌をペニスに絡めた。
たれ目の青年は自分でペニスを出し入れしながら、ペニスをしゃぶっている私の顔をみている。
「俺、こういう熟女がタイプなんだよね。」
「女なら誰でもいいんじゃないんですか?」
童顔の青年がからかうように答える。
「俺も熟れてる方が好きですね。」
私の中に三本目の指を入れながら、色黒の青年がつぶやく。
「しばってる手をほどくからさ、しごいてよ。」
たれ目の青年が私の手を自由にしながらいった。
私は自由になった手で、ペニスをしごきながら、舌を絡めて奉仕した。
「すご・・・おねえさん、上手だね・・・。」
たれ目の青年はいきなり私の口の中で射精したので、飲みきれなかった精液が口からあふれた。
「早くないですか?」
童顔の青年がバカにしたように笑う。
「じゃあ、オマエもやってもらえよ!」
たれ目の青年と童顔の青年が場所を入れ替わり、私は再び、フェラチオを開始した。
童顔に似合わず、大きくて黒っぽいペニスは咥えるとあごがつかれた。
亀頭だけを咥え、れろれろと舌で愛撫し、輪にした指をくるくると回しながらサオを刺激する。
片方の手で玉袋をさわさわともんだり、蟻の門渡りを指でなぞったりしてみた。
「こりゃ、確かに上手いですね。」
童顔の青年がため息まじりにささやくと、私の乳首をしゃぶっていたたれ目の青年が得意そうに、
「だろ?やっぱ、熟女最高〜!」
「もう入れていいですか?」
私のアソコに三本の指を入れて、クリトリスを舐めていた色黒の青年が顔をあげてきいた。
アソコはじゅくじゅくといやらしい音をたてていて、ペニスを受け入れる準備が整ったことを知らせている。
「いいんじゃない?」
たれ目の青年が答えると、色黒の青年はペニスを私のアソコに入れ始めた。
しばらく使っていなかった私のアソコは、めりめりと押し広げられていく。
「お口が休んでるよ。」
童顔の青年が私の頭をおさえて、口の中にペニスをぐうっと押し込んだ。
ぐっとノドの奥に当たって、吐きそうになるのをなんとかこらえる。
「あんま乱暴すんなよ。」
たれ目の青年がおっぱいをもみながら、あきれたように、注意する。
私の中に根元まで入れ終わった色黒の青年は、満足そうなため息をもらした。
「ふう・・・。すっげえキツくて、気持ちいいスよ。」
私のアソコはめいっぱい大きなペニスを咥えこんでいて、ぎちぎちになっている。
「へえ、楽しみだな。」
童顔の青年は私の口につっこんだペニスを出し入れしながら笑った。
急に奥までつっこまれないように手で押さえながら、サオを刺激して、口の中で亀頭を舐めまわす。
私の中に入ったペニスがゆっくりと動き出し、クリトリスも指で刺激されはじめた。
「ふ・・・う・・・。」
ペニスが口に入っているから、大きなあえぎ声が出なくて済んでいるけど、かなり気持ちがいい。
上下の口に入れられたペニスの動きが激しくなり、頭の中が真っ白になったと思ったら、両方の口に精液が吐き出された。
私はぐったりとしたところをさらに何度も犯されて、数え切れないくらいイかされてしまったのだった。
Copyright(C) 淫鬼の棲む地下室 All Rights Reserved. designed by flower&clover