オフィスラブのぞき

縦書き表示サービス『 竹取 』
それは一人で残業していたときのことだった。
コーヒーでも飲もうかと席を立ち、一休みして戻ると、消したはずの明かりがついていて、人の息づかいがしたのだ。
ビル荒らしかと思って、とっさに身を隠した俺は息を殺して、様子をうかがった。
ちゅぷ・・・ぶちゅ・・・。
どこかできいたことのあるような水音がする。
はあはあという荒い息づかい。
「ん・・・あん・・・。」
これは・・・もしかして・・・声のする方をそっと覗くと、美人でしとやかな憧れの先輩加奈子さんとうすらハゲ課長がいちゃついていた。
俺はショックで目の前が真っ暗になった。
きれいなだけでなく、スタイルも性格もとてもよく、やさしくて家庭的で、ひそかにお嫁さんにしたいと思っていた加奈子さんがよりによってあのうすらハゲ課長と・・・。
あの様子からして、ムリヤリ強姦されているんでも、コレがはじめてのえっちでもなさそうだ。
「ああ・・・いい・・・。」
いつかは俺の下で聞きたいと願っていた加奈子先輩のあえぎ声が夜のオフィスに響いている。
「もうココは大洪水だよ。びちゃびちゃだ。」
課長のいやらしい声がきこえる。
机に座って、すらりと長い美しい足を大きく開いた加奈子先輩はアソコを俺が夢にまでみていたアソコを薄汚いハゲ課長に舐められている。
ぐちゅ・・・ずちゅ・・・ずず・・・。
激しい水音は加奈子先輩のアソコから流れ出す愛液と課長の汚いよだれの混ざったものだろう。
課長は加奈子先輩のアソコを舐めたり、しゃぶったり、すすったりしているらしい。
ああ、いますぐヤツを殴り倒して、俺がかわってやりたい。
「指をいれるよ。」
課長はびちゃびちゃに濡れた加奈子先輩のアソコに指を入れた。
「は・・・あん・・・。課長の指、気持ちいいです・・・。」
課長が指を動かすにつれて、ぐちゅ・・・ぐちゅ・・・という音がきこえる。
「加奈子くんのアソコはおいしそうに、私の指にくいついてくるよ。」
「いやぁ・・・恥ずかしい・・・。」
加奈子先輩はうつむいて、羞恥にふるえていて、俺は机の影で、ぞくぞくするほど萌えた。
「ああ、もう一本じゃ足りないみたいだね。中指も入れてあげよう。」
じゅぶ・・・じゅぶ・・・とさらに大きな音がきこえ出して、オフィスの中には独特の愛液のニオイが広がった。
俺はもうたまらなくなって、ズボンの中からとっくに大きくなっていたペニスを引き出した。
「ほら、アソコがおいしそうに指を咥えこんでいるのがみえるだろう?」
「はい・・・私のアソコがひくひくして、よだれをたらしてます。」
うっとりとした口調ではしたないことをいっている加奈子先輩は、普段の彼女からは想像もできない。
「ぽっちりとしたかわいいクリトリスも指でいじめてあげようね。」
「ええ・・・たくさん・・・いじめてください。」
課長はアソコに入れた指を出し入れしつつ、クリトリスを責めているらしく、加奈子先輩の口からは激しい嬌声がもれている。
「あん・・・いい・・・気持ちいい・・・。」
「さらに、指を増やすよ。もう簡単にのみこんでいくよ。」
ずぶぶ・・・と三本の指をのみこんでいく加奈子先輩のアソコはめいっぱいにひらかれていて、はちきれそうだった。
「う・・・ん・・・はあ・・・。」
ぐちゅ・・・ずちゅ・・・と大きな水音と色っぽいあえぎ声がしばらく続き、俺はペニスを握りしめたまま、呆然とそれをみつめていた。
「は・・・もう・・・課長の・・・ほしいです・・・。」
感じすぎてぼんやりとした顔で加奈子先輩はおねだりする。
「私の何がどこにほしいのか、ちゃんといわないとわからないよ。」
その時、俺の頭の中に稲妻のように、名案がひらめき、俺はポケットから急いで携帯をとりだし、ボイスレコーダー機能の録音を開始した。
羞恥心と欲望の間で葛藤していた加奈子先輩はしばらくの逡巡のあと、欲望に負けて口を開いた。
「・・・加奈子のアソコに課長のペニスを入れてください。」
課長は意外と大きくて太いペニスを取り出すと、加奈子先輩のアソコに押し込んだ。
「あん・・・ああ・・・。」
「おいしいかい。アソコはおいしいっていってるよ。」
確かにちゅぷちゅぷとよだれをたれながしているアソコはペニスをおいしいと悦んでいるようだ。
「太いの・・・課長のペニス・・・おいしいの・・・。」
やがてペニスを全部入れたらしい課長は腰を振りはじめた。
ぐちゅ・・・ギシ・・・ずちゅ・・・ギシ・・・。
結合部からきこえるいやらしい音と机がきしむ音が静かな室内にやたら大きくきこえた。
「は・・・あん・・・気持ちいい・・・。」
ずぷ・・・ギシギシ・・・ぐぷ・・・ギシギシ・・・。
音はどんどん激しく大きくなっていく。
俺は耳をふさぎたくなった。
薄汚い課長のくされちんぽを入れられて、いやらしくあえぐ加奈子先輩の姿からも目を背けたかった。
でも、俺はアイ先輩のたてるいやらしい音に耳をふさげなかったし、いやらしい姿態からも目をはなせなかった。
興奮して痛いほど勃起している俺のペニスは解放を求めて、先走りをあふれ出していた。
「あ・・・ああ・・・もう・・・イっちゃう・・・。」
「イきなさい。ほら。」
さらに、課長の腰の動きが激しくなり、加奈子先輩がぐったりと力を抜いた。
ペニスを引き抜かれた加奈子先輩のアソコからしたたる課長の白い精子を見ながら、この音声がちゃんと録音されていたら、俺もアソコに同じように精子を放出しようと心に決めた。
Copyright(C) 淫鬼の棲む地下室 All Rights Reserved. designed by flower&clover