機械的な手コキがたまらない

縦書き表示サービス『 竹取 』
えーと、俺の一番気持ちよかった体験は、入院していたときに、看護婦さんに手コキで抜いてもらったことです。
いや、そんな、夜中に男性患者の個室に忍び込んで、夜這いをかけるような淫乱看護婦さんじゃないですよ!
やさしくて、かわいくて、俺と変わらないくらい若い看護婦さんで、みんなからアイちゃんって呼ばれて、慕われてました。
俺、足を折ってたから、あんまり動けなくて、同じ部屋に他の患者さんもいるから、オナニーもままならなくて、たまってたんですよね。
で、アイちゃんに股間をきれいにしてもらってるときに、ちんぽがびんびんに勃起しちゃって、恥ずかしいし、悪いからなんとかしようとするんですけど、なんか逆に興奮しちゃって・・・。
や、笑いますけど、股間をきれいにされるのって、めっちゃ気持ちいいんですよ?
先輩たちも絶対、勃起しますって。
たまってる状態でやられたら、相手が熟女でも勃起しますね!
それでですね、アイちゃんは気まずそうに笑って、顔を赤くしてて、その表情がまた萌えで、勃起がおさまらなくて。
俺の股間をきれいにしてくれた後、アイちゃんが俺にしかきこえないような小声で、
「手コキするから、イってください・・・。」
ってささやいたんです。
コスプレじゃないマジナースの手コキなんて、ありえないでしょ?
しかも、若くてめっちゃかわいいコなんですよ。
もちろん、そんな上手な手コキじゃなかったけど、カーテンで仕切られたすぐ側に他人がいるっていうのと、アイちゃんが手コキしてくれてるっていう興奮で、マッハでイけました。
オナニー以外では自分史上最速の速さでしたね。
手のひらに射精されても、にっこり微笑んでくれるアイちゃんはまさに白衣の天使でした。
「手コキしたのサトルさんだけだから、ナイショね!」
っていわれて、もしかして、アイちゃんって俺のこと好き?とか勘違いしたりして。
ええ、退院前に告白して、ばっさりとフラれました。
それから、イメクラとかナース服で手コキしてくれる風俗をあちこちまわってみたんですけど、あの時、手コキしてもらった以上の快感と興奮は得られないんですよね・・・。
それで、・・・これいったら、引かれると思うんですけど、俺、わざと足、折ったんです。
で、またアイちゃんのいる病院に入院して、アイちゃんの看護を受けて、アイちゃんが手コキしてくれるのをずっと心待ちにしてたんです。
でも、俺の担当ナースはキツい感じの看護婦さんで、アイちゃんじゃなかった・・・。
美人なんだけど、頭よさそうで口調とかも冷たい俺の担当ナースは、俺が勃起してても、眉ひとつ動かさないで、作業をするんです。
なんか羞恥プレイって思うくらいみじめなんですよね。
それでも、毎回、俺のちんぽは勃起しちゃうし。
股間をきれいにしてもらう前に、トイレでオナニーしても勃起するから、もう諦めて、目を閉じているようにしてました。
目を閉じると逆に感覚が敏感になって、ちんぽを拭かれたり、ちょっと手でさわられるだけで、すごく感じてしまうんです。
やっぱり俺って、変態なんですかね。
カーテンごしに他の患者さんがいるし、看護婦さんにも感じてるなんて、バレちゃダメだって思うほど、気持ちいいんですよ。
声が出ないように唇を噛んでいる俺の顔をみたら、俺が感じてるってバレバレだったと思うんですけど、まるで無視されて。
あと一週間くらいで退院っていわれてからは、もうアイちゃんに手コキしてもらうのは、諦めてました。
だって、アイちゃんに股間きれいにしてほしいとかいったら、下心みえみえだし、いいっていわれるわけないでしょ。
その日も無表情美人ナースが俺の下着を脱がせました。
俺は目を閉じて、脱力します。
生暖かいお湯をかけられて、ボディソープ的なもので洗われて・・・、あ、看護婦さんは手袋してるんです。
皮を下に引っぱられて、むき出しになった亀頭もていねいにきれいにしてもらって、俺はまた気持ちよくなってきて、声が出そうなのを我慢しました。
「ふふ・・・。」
無表情美人ナースの含み笑いがきこえて、俺のちんぽを洗っている手の動きが明らかに手コキになったんです。
びっくりして、目を開いて、俺のちんぽをしごいているナースの顔をみたんですけど、いつもと全然変わらない無表情で、手だけ機械的に俺のちんぽを手コキしてて・・・。
混乱しながらも、だんだん気持ちよくなっていって、ぶしゅって射精しちゃったんです。
なにごともなかったみたいに、ボディソープの泡と一緒に俺の精液もお湯で流されて、タオルで拭かれて、下に敷いていたビニールシートも回収されて。
後にはボーゼンとした俺だけが残ったわけです。
それから退院するまで、毎日、手コキされました。
そんな機械的に手コキでイかせてくれるんなら、最初から手コキしてくれたらよかったのにっていうくらい、それ以外の態度に変化はないんです。
ボディソープの泡を使って、さくっと手コキで俺をイかせて、お湯で精液を流して、おわり。
風俗よりあっさりですよ。
でも、だんだん、その機械的な手コキがたまらなくなってきたんです。
退院するのがもったいなくて、でも、告白なんてする勇気もなくて。
俺、ホント、マジでヤバいですよね。
また足の骨が折れてくれないかなーって、思っちゃうんです。
Copyright(C) 淫鬼の棲む地下室 All Rights Reserved. designed by flower&clover