出生の秘密

縦書き表示サービス『 竹取 』
生まれたばかりの妹を連れて離婚した母親が、俺が大学生になってから、また親父と再婚しやがった。
すっかり大人になっているアイは、これっぽっちも、妹って気がしない。
アイは短大生のくせに、ど田舎育ちのせいか、人を疑うことを知らない。
アイドル並にかわいい顔で、男を誘うようないやらしい体つきしてるのに、アイみたいに隙だらけでいたら、悪い男にレイプされたり、痴漢にあったり、風俗に売り飛ばされたりしそうだ。
お風呂上りで髪もろくに乾かさないまま、俺によっかかって寝ているアイの寝顔は子供みたいで、俺はフクザツな気持ちになった。
ショートパンツからすらりと伸びている長い足とむっちりとした太もも、タンクトップからのぞくたわわな巨乳と浮き出た鎖骨。
そして、シャンプーのいい香り。
いくら妹だと自分にいいきかせても、健全な若い男のちんぽは勃起してしまう。
なんでコイツは俺のことをお兄ちゃんなんて、やたらと慕ってくるんだろうか。
ていうか、新婚旅行だとかいって、俺達を二週間も二人きりで放置する両親も信じられねえ。
近親相姦とか、ちったあ心配しろってーの。
妹だっていう実感が湧かない分、近親相姦だっていう自覚も薄くて、俺の理性はいつぷちんと切れてもおかしくない。
今だって、近親相姦だ・・・近親相姦だ・・・と脳内で唱えていないと、完全無防備状態のアイを襲いそうになる。
空きっ腹でおあずけ状態の犬みたいなもんだ。
ちんぽからはよだれのように先走りがだらだらたれて、取り替えたばかりのトランクスを汚している。
俺は耐え切れなくなって、トランクスの中に手を入れた。
アイの様子を窺いながら、せっせとちんぽをしごく。
なんで俺がこんな拷問みたいな目にあわなくちゃならないんだ・・・。
トランクスの中に生ぬるい精液を射精した後、自己嫌悪でため息が出た。
ようやく起きて、自分の部屋に戻ったアイにバレないように、シャワーを浴び直して、トランクスを手で洗う。
夢精した中学生かよ・・・。
近親相姦じゃなかったら、とっくに襲ってるのに。
「お兄ちゃん?」
パジャマ姿のアイが後ろに立っていた。
サイズが合ってないのか、アイが巨乳すぎるのか、パジャマのボタンがはじけ飛びそうにパツパツになっている。
「お洗濯なら、私がやるのに。早く一緒に寝よ?」
アイは俺が「うん」というまで、一緒に寝たいといい続けるので、俺は二日目からすぐに「うん」というようになった。
両親がいるときには、絶対に一緒に寝ないといいきかせてはいるが。
俺の狭いシングルベットにぎゅうづめになって寝ると、体が密着して、寝るどころじゃない。
昨日はほとんど眠れずに、近親相姦は犯罪かどうか考え続けていた。
アイは18才以上だけど、ムリヤリ襲うなら強姦で、確実に犯罪だし。
じゃあ、合意があれば、近親相姦でも犯罪じゃないのか?
いや、倫理上の問題が・・・と悩み続けているうちに、空が明るくなっていた。
「ねえ、お兄ちゃん。」
壁側を向いた俺の背中によりそうようにくっつきながら、アイがささやく。
「なんだよ。」
「アイね、お兄ちゃんの妹じゃないんだよ。」
「はあっ?」
「あのね、お母さんが浮気して、アイが生まれたんだって。」
「・・・だとしても、兄弟には違いないだろ。」
「お父さんがよその女の人に生ませたのがお兄ちゃんなんだって。だから、アイとお兄ちゃんは、兄弟じゃないの。」
そうか・・・近親相姦にならないのか。
自分達の出生の秘密を知った衝撃より、近親相姦にならないということの方が俺にとっては重要だった。
「アイ、一目惚れしちゃったの。お兄ちゃんが好き・・・。」
力いっぱい抱きついてくるアイの体を抱きしめて、俺は思いっきりキスした。
今までがまんしていた分、歯止めがきかない。
逃げるアイの舌を追いかけて、口の中をしつこく舐めているうちに、俺はアイの体の上にのっかっていた。
はあはあと息を切らしているアイの胸は上下に動いていて、俺を誘っているように見える。
引きちぎりたいのをこらえて、どうにかパジャマのボタンをはずした。
すべすべのおっぱいに顔をうずめて、おっぱいのやわらかさを愉しんで、乳首をくりくりと指で愛撫する。
「お兄ちゃん・・・気持ちいい・・・。」
さっき一回抜いたばかりなのに、早くアイのおまんこに挿入したくて、俺はアイのパンティを脱がし、おまんこをたんねんにクンニして、俺のよだれと愛液でぐちゃぐちゃにした。
指で拡げて緩めた方が痛くないんだろうけど、もうそんな余裕はない。
「入れるぞ。」
めったに使わないコンドームを机の引き出しの奥から取り出して、ちんぽにつける。
「お兄ちゃん、早くきてぇ・・・。」
アイは俺の方に両手を伸ばして、甘くささやく。
俺が覆いかぶさっていくと、俺の首に手を回して、俺の顔を引き寄せた。
「んっ・・・。」
挿入の痛みに眉を寄せたアイの表情は苦しそうなのに、色っぽくてちょっと興奮してしまった。
挿入し終わっても痛そうなアイのために、ゆっくりと慎重にちんぽを動かしながら、俺はアイの処女をもらったことに満足していた。
近親相姦じゃないと知った俺は、両親が帰ってくるまで、アイとヤりまくった。
遠い将来、アイと結婚できるかどうかはよくわからないが、今はかわいいアイとヤれるだけで十分、しあわせだ。
Copyright(C) 淫鬼の棲む地下室 All Rights Reserved. designed by flower&clover