男を見る目

縦書き表示サービス『 竹取 』
職場の上司と不倫していた私は、サトルが奥さんと別れてくれるというのをバカみたいに信じきっていた。
奥さんとは上手くいってないとか、いずれ別れるっていうのは、不倫する男の常套句だっていうのに、ハタチそこそこで、男性経験がほとんどなかったウブな私は、真に受けてしまったのだった。
OLとして昼間も一生懸命働きながら、サービス残業して、帰りにサトルとデートする。
ラブホテルからの帰り道、早く一緒に朝を迎えたいとか、日曜も二人でいたいってよく考えてた。
サトルにとっては、新人OLとの軽い遊びに過ぎなかったのに。
はじめは優しかったサトルは、私に飽きてくると、嫌がらせじみた行動をとるようになった。
セックスも乱暴で、自己中な感じに変わった。
今まではボディソープをつかわずにシャワーを浴びてから、セックスしてたのに、めんどくさいって浴びてくれない。
蒸れてニオイのキツいちんぽをフェラチオさせたり、時にはイマラチオになることもあった。
口内発射は当たり前だったけど、それよりも、顔射されるのがイヤだった。
顔射されると、なんだか自分が性欲解消のためのモノになったような気がして悲しくなった。
前だったら、ていねいにクンニしてくれて、指と舌でイかせてくれてから挿入だったのに、今ではもう、ろくな前戯もしてくれない。
あくまでも、サトルの性欲を満たすために私達はセックスしてるんだなって空しくなった。
それでも、私はサトルのことが嫌いになれずに、自分から別れたいっていえないでいた。
そんなある日、社内のパソコンを管理している男性社員に呼び出されて、衝撃的な映像をみせられた。
その男性社員は、社内のパソコンの私的使用や機密漏えいがないかどうかを定期的にチェックしていたらしい。
「これ、君だよね?」
パソコンの画面に映っていたのは、サトルのちんぽをフェラチオして、顔射されている私の映像だった。
モザイクもなく、私の顔がモロバレ・・・。
私の顔からぽたりぽたりと、顔射された精液が落ちるところまではっきりと映っていた。
「部長のパソコンの中に入ってて、しかも、ウィニー使ってんだよね。」
「とりあえず、パソコンに保存してあった君らしき映像は全部削除しておいたけど・・・。」
「携帯で撮った動画みたいだから、そっちも何とかした方がいいと思うよ。余計なお世話だけど。」
オタクっぽい外見の男性社員は、私と目を合わせないようにして、事務的に説明してくれる。
最近、服を最低限しか脱がないなって思ってたけど、まさか撮られてたなんて思わなかった。
こんなAVまがいの映像が流出してたらと思うと寒気がする。
「あ、削除するためにちらっと確認しただけで、ちゃんとみてはいないから!」
無言でうつむいたままの私の態度を誤解して、男性社員はあわてていった。
「でも、ちょっとはみたんですよね・・・。」
私がにじりよると、男性社員はおびえたように体を引いた。
「口止め、しなくちゃ。」
男性社員に抱きついて、私からディープキスをした。
硬直した男性社員の体からゆっくりと力が抜けて、体に手が回される。
私の口の中にも彼の舌が入ってきた。
こんな濃厚なキス、いつ以来だろう・・・。
たっぷりと唾液を交換し合って、気分が盛り上がったところで、唇がはなれた。
よだれがつうっと二人の唇の間からたれる。
「こんなことしなくても、誰にもいわないのに。」
私はふうっとため息をついた男性社員にしがみついて、
「お願いだから、イヤじゃなかったら、私を抱いて・・・。」
ってささやいた。
好きだった人に裏切られたショックで、どうにかなってしまいそうだったから。
「なんかこういう状況で抱くのは、卑怯な気がするけど・・・。」
男性社員は私をひざにまたがらせて、シャツのボタンをはずし、ブラジャーをずらした。
私の顔を観察しながら、じれったいくらい優しく、乳首を舐める。
「ん・・・んぅ・・・。」
昼休みは残り少なくて、私はあせった。
「ね、もう入れて?」
パンティだけを脱いで、いすの上で抱き合った体勢のまま、男性社員のちんぽを入れてもらった。
サトルのより、硬くて大きなちんぽは、何度も何度も私のいいところを責めた。
「あっ・・・やだ・・・大きい・・・。」
「まだあのクソ部長と付き合うつもり?」
ちんぽを動かすのをやめた男性社員は、私の顔をじっとみながら、マジメな口調できいた。
おまんこがちんぽの動きを恋しがって、ぴくぴくしちゃってる。
「脅しとかじゃないんだけど、あんなヤツと別れて、俺と付き合えよ。」
ぎゅうっと強く抱きしめられて、私は思わず、泣いてしまった。
硬く張りつめたちんぽが私のおまんこをがんがん突いている。
ぎしぎしといすが鳴る音がうるさくて、すごくいやらしかった。
・・・私はサトルの携帯を水没させて、完全に破壊した。
今では彼氏になった男性社員は、それほど重要じゃないデータをわざと流出させて、サトルを依願退職に追い込んだ。
男を見る目ってホント大事だよね。
サトルみたいな男と一時でも付き合ってたのが恥ずかしくなってしまう。
でも、仕事ができて、心が広くて、やさしくて、エッチが上手な今の彼と付き合えたのも、サトルのおかげなのかな。
Copyright(C) 淫鬼の棲む地下室 All Rights Reserved. designed by flower&clover