フェラチオ用ローション

縦書き表示サービス『 竹取 』
大人のおもちゃ屋さんの通販サイトを眺めているうちに、フェラチオ用のローションっていうのをみつけた。
もうすぐサトルの誕生日が近いから、なんとなく、買ってしまった。
私はフェラチオが苦手。
どうも下手みたいで、フェラチオしてもサトルが感じてくれないから。
反応がないと、フェラチオしてても、つまんないよね。
なんか、むなしいっていうか。
サトルの誕生日、いつもよりちょっと豪華なディナーを食べて、プレゼントを渡して、おしゃれなラブホテルに行った。
私もサトルも高級ホテルより、ラブホテルの方が好き。
だって、内装だけならラブホテルもけっこうゴージャスだし、なんかハデにあえいだり汚しても、オッケーって感じがするし。
テレビをつけるとAVがみられて興奮するのも、プラスポイントのひとつ。
今日はサトルの誕生日だから、私がご奉仕することにした。
サトルはにやにやしながら、裸でベットに大の字に寝そべる。
ちょっとは期待してくれているのか、ちんぽが勃起しておなかにつきそうになっていた。
私は用意していたフェラチオ用のローションをちんぽと玉袋にたっぷりとたらす。
「なにこれ?ローション?本格的だね。」
サトルは嬉しそうで、ちんぽも筋が浮いてみえるくらい硬くなっていた。
ローションでぬるぬるになったちんぽを手でそっとつかむ。
つるんとすべりそうなちんぽを手でなでまわしているうちに、ちょっと楽しくなってきた。
するんするんと両手でうなぎをつかまえるように、上下にゆっくりとしごく。
「・・・気持ちいいよ・・・なんかいつもと全然違う。」
たまにもらすサトルのあえぎ声に興奮して、私はもっとサトルを気持ちよくしてあげたいって思った。
亀頭の先っちょにキスするように唇をつけて、口の中に含む。
サオを指でなぞるようにして、裏筋をくすぐる。
カリ首を舌でちろちろしながら、亀頭を吸った。
「ちょっ・・・お前、浮気した?」
サトルが体を起こして、私を睨んでいる。
インターネットでフェラチオのやり方を調べてみたけど、他の男の人に試したりはしてない。
「浮気なんてしてないよ。」
ちんぽをつかんだままで、私がちょっとムッとしながらいうと、サトルは信じてくれたようだ。
「悪い。あんまり急に、フェラチオが上手くなったもんだから、つい・・・。」
「ローションのせいじゃないの?」
私はサトルのちんぽを一気に口の奥まで含んだ。
「んっ!」
サトルが体をのけぞらせた。
手でサオをしごきながら、口を上下に動かして、口の中で舌をちんぽに絡ませる。
カリ首とサオを舐めているうちに、ちんぽが一層硬くがちがちになった。
そろそろイきそうなのかなと思って、ちんぽを口から出す。
さらにローションをたらして、手だけでちんぽ全体をなでまわした。
「ヤバイよ・・・イっちまいそうだった。」
サトルはうっとりとした表情で、私を見上げた。
ローションまみれのちんぽは私がしごくたびに、くちゅくちゅといやらしい音をたてている。
「フェラチオでイきたい?それとも、おまんこに入れたい?」
「せっかくだから、このままフェラチオでイかせてもらおうかな。」
サトルをフェラチオでイかせるなんて、はじめてだ。
私ははりきって、サトルのちんぽにしゃぶりついた。
のんびりと手でしごきながら、唇を上下に動かしているだけで、サトルのちんぽはどんどん硬くなっていく。
私が思っていたより、単調でゆっくりとした愛撫でも、男の人はイけるらしいっていうのがフェラチオのやり方を調べてみてわかったことだった。
あと、ひねりを加えた動きに弱い。
たまに、首を軽くねじって、サオを舌と唇でナナメにしごくように愛撫する。
サトルのちんぽはローションと私のよだれで、べちゃべちゃになっていて、いやらしい液体がシーツまでたれてシミになってしまっている。
今まではさわったことがなかった玉袋も、ツメで軽くひっかくようになぞった。
本当に軽く、アナルの方までやさしく指を往復させる。
「んっ。もうイきそう・・・。」
私は口と手の動きをちょっとだけ早くした。
じゅぷっじゅぷっと口からよだれがあふれてたれる。
口の中に青臭いどろりとした精液が射精された。
口内発射ってなんか、おいしくない・・・。
鈴口を舌で舐め取るようにして、私はサトルのちんぽを口から出した。
ごっくんと精液を飲み干すと、精液がのどに絡みつくようで後味がいつまでも残った。
「はあ・・・最高の誕生日だったよ。」
サトルはすごく満足そうに、息を整えている。
私もフェラチオでサトルをイかせられて、妙な達成感を味わうことができた。
まだまだたっぷりあまっているローションを私のおまんこにたらして、サトルが指を出し入れした。
ちゅぷちゅぷいってるおまんこは、指一本くらい余裕って感じで、なんだかひどくものたりない。
「もう入りそうだよな。」
サトルが短時間で回復したちんぽをおまんこに入れる。
いつもよりすべりがよくて、つるんとおまんこの奥まで入ってきた。
「一回フェラチオでイってるから、すっげ、長持ちしそう。」
サトルは嬉しそうに笑いながら、私のおまんこを激しくちんぽでこする。
おまんこの中で暴れまくっているちんぽは、少しだけやわらかくて、激しくされても全然痛くなかった。
ローション、けっこう使えるじゃん。
私はあえぎ声をあげながら、ローション買ってよかったと思っていた。
Copyright(C) 淫鬼の棲む地下室 All Rights Reserved. designed by flower&clover