はじめて膣でイけました

縦書き表示サービス『 竹取 』
セックスのときに、いつも痛がる私を気づかって、サトルがローションを買ってきてくれた。
ちょっとピンク色がついたどろりとしたローションは、フルーツみたいないい香りがする。
感じてないわけじゃないのに、愛液があんまりでない私は、セックスを気持ちいいって思ったことがなかった。
だって、痛いんだもん。
サトルが私を裸にして、おっぱいにローションをたらした。
ローションでぬるぬるになった乳首を指できゅっとつまむ。
ローションが指を滑らせて、ちゅるんと乳首が逃げる。
乳首をいじられて感じたことなんてなかったのに、すごく気持ちいい。
ローションをひろげるようにおっぱいをもまれて、乳首をしゃぶられた。
「あうんっ!」
やだ・・・ヘンな声でちゃった。
思わず、口を押さえたけど、サトルの手でどけられてしまう。
「アイのあえぎ声、やっときけたんだから、もっときかせてよ。」
サトルがとっても嬉しそうで、逆らえなかった。
今まで、「声出して。」って男の人にいわれても、どうやって出すのかわかんなかったのに。
今日は声を抑えるほうが難しいみたい。
サトルの舌がぺろぺろと高速で乳首を舐めていて、私は首を左右に振りながら、「あんあん」っていってた。
「ローションだけでこんなに乱れてくれるなら、もっと早く買うんだった。」
サトルは顔を上気させながら、私の足の間に移動した。
パンティを脱がされて、足を広げられて、おまんこにローションをたっぷりたらされる。
「いつもより濡れてるけど、念のため、な。」
おまんこはローションでぐちゅぐちゅになった。
サトルの指がおまんこの中にすんなりと呑みこまれていく。
「痛くないか?」
「全然、痛くないよ・・・。」
いつもだったら、膣壁がひりひりする感じなのに、するんと入っちゃった。
そのまま指を出し入れされても、全然平気。
ていうか、気持ちがいい・・・。
「クリトリスはどう?」
ローションでぬるついているクリトリスは指でなでられるだけで、すごく気持ちいい。
「やだっ!なんかイっちゃいそう!」
私、オナニーでクリトリスをいじるとイけたけど、セックスでイったこと、なかった。
「イった?」ってきかれると、「うん。」ってこたえていたけどね。
「指がすっごいしめつけられるよ!」
おまんこがひくついてるのが自分でもわかる。
オナニーでイくときより、ずっと強い快感で下半身がじんわりとしびれた。
はあはあと荒い息を吐きながら、サトルの顔をみると、すごく興奮して私に抱きついてきた。
「指、おまんこに喰いちぎられそうだった。ね、もうちんぽ入れてもいいかな。」
「いいよ。」
私はイった後の快感に浸りながら、頷いた。
サトルはいつもと違うコンドームをつけていた。
やたらおしゃれなパッケージで、コンドームが透明だから、ちんぽの肌色がすけてみえる。
「このコンドーム、ナマみたいに気持ちいいんだって。」
わくわくした様子で、サトルが私の膣口に亀頭をあてる。
「いくよ。」
ゆっくりと挿入されたけど、全然、痛くなかった。
ゴムの突っ張る感じもないし、ホントにナマでしてるみたい。
「アイのおまんこのあったかさが伝わってくるよ。ヤバイくらい気持ちいい。」
サトルはうっとりとした表情で、腰を振り出した。
一度、イってしまったせいか、私もすごく気持ちがいい。
ちょっとくらい乱暴に突かれても、奥まで入れられても、とてもイイ・・・。
「ローション使って、コンドーム変えるだけで、こんなに気持ちいいなんて・・・。」
サトルがため息まじりにつぶやいているけど、私もホントそう思う。
今までなら、痛くて絶対できなかったバックで、犬のように激しくヤりながら、私は膣ではじめてイくことができた。
おまんこをちんぽで責められながら、クリトリスを指でいじられると、すごくイイ。
「ああ、全然、おさまんないよ。」
サトルは一度射精して、コンドームを新しいのに取り替えて、もう一回挿入した。
今度は座位で、まったりと出し入れしながら、抱き合って、ディープキス。
ずんっずんって突き上げられるのが子宮に響く感じ。
私をこんなに気持ちよくしてくれるサトルのことが、すっごく好きになった。
押し倒されて、正常位で足を大きく開かれる。
結合部を丸見えにされて、じゅぽじゅぽと激しく奥を突かれて、私はまたイきそうになってきた。
「自分でクリトリス、いじってごらん。」
ちんぽをおまんこに出し入れされながら、オナニーしてるみたい。
私がおまんこをしめつけると、サトルもイきそうになってきて、
「イくぞ・・・。」
ちんぽの動きがすごく早くなって、私もイきそう・・・。
「イくぅっ!」
サトルが私の体に覆いかぶさってきて、マラソンの後みたいに、はあはあいってる。
はじめて、「一緒にイく」っていうのができて、私は嬉しくなった。
二回もイかせてもらえたし。
私の体はなんだかスッキリとして、軽くなった。
サトルはすっかりローションにハマってしまって、いろんな種類のローションを買ってくるようになった。
あったかくなるローションとか、冷たくなるローションとか。
ローションの効果もすごいと思うけど、コンドームを変えたのも大きいと思うんだよね。
セックスって小道具的なものでこんなに変わるんだなあ。
私は今度、こっそりバイブを買ってみたいと思っている。
だって、もうクリトリスを指でいじるだけのオナニーじゃ、満足できないんだもん。
Copyright(C) 淫鬼の棲む地下室 All Rights Reserved. designed by flower&clover