バイブ入れっぱなし

縦書き表示サービス『 竹取 』
サトルくんが忘れていったかばんの中には、かわいらしいピンク色のバイブが入っていた。
大好きなサトルくんがどんなものを持っているか、興味が抑え切れなくてかばんを見てしまったけど、バイブが入ってるなんて・・・。
サトルくんはマジメだし、大人っぽくて、えっちな本とかAVを見てるのも想像できないくらいなのに、バイブだなんて。
このバイブを誰に使っているんだろうと思うと、胸が苦しくなる。
いいなあ、私もサトルくんにこのバイブを使って責められたい。
私のおまんこは興奮で濡れてきた。
ちゃんとキレイに洗っておけば、一回くらい使ってもバレないよね。
私はパンティを脱いで、ベットに横たわった。
目を閉じて、サトルくんがバイブを入れてくれるのを想像しながら、自分でバイブをおまんこに入れる。
おまんこは濡れていたけど、バイブがちょっと大きすぎて痛い。
でも、バイブをおまんこに入れたまま、クリトリスを指でいじると、すごくイイ。
だいぶ、バイブの大きさにおまんこが慣れてきたから、スイッチを入れてみた。
ヴィイイイィィン。
けっこう大きな音がお部屋に響いている。
すごい・・・バイブがぶるぶる震えながら、くねくねってうねって、下半身がしびれそう・・・。
もうイっちゃう!って思ったとき、携帯が鳴った。
バイブのスイッチを切って、電話に出ると、サトルくんだった。
「あ、アイちゃん。ごめん。俺、かばん忘れたみたいだから、もう一回、行くね。いいかな?」
「うん。いいけど、今、どこ?」
あせって、きゅっとおまんこをしめちゃって、また気持ちよくなっちゃった。
サトルくんが来るまでに、おまんこに入れてるこのバイブを洗って、拭いてかばんに戻しておかないと!
「もう着くよ。」
サトルくんがいった途端、ピンポーンとチャイムが鳴った。
私はバイブの上から、パンティをはいて、玄関に向かう。
どうしよう・・・なんていって謝ろう・・・。
泣きそうになりながら、ドアを開けると、サトルくんが入ってくる。
「あの・・・その・・・とりあえず、私の部屋に来てくれる?」
おまんこの中にバイブを入れたままだから、階段を上るのがすごくつらい。
バイブの先がおまんこの奥をぐりっぐりってえぐるみたいで、しゃがみこみたくなるほど気持ちよかった。
「アイちゃん、俺のかばんに入ってたバイブ、使ったでしょ。」
私の部屋に入ると、サトルくんが私をベットに押し倒して、至近距離でささやいた。
「・・・ごめんなさい・・・。ちょっと興味があって・・・。」
「顔真っ赤だし、息があがってるし、もしかして、まだバイブ入れっぱなしだったりする?」
サトルくんが私のスカートをめくりあげて、バイブで不自然に膨らんでいるパンティをぐりぐりした。
「エロいな〜。パンティ、もうぐしょぐしょじゃない。」
パンティを脱がされて、バイブを咥えこんでいるおまんこをみられて、私は恥ずかしくて泣いてしまいそう。
「アイちゃんのおまんこ、バイブをしっかりと咥えこんでて、はなしてくれないよ?」
サトルくんの手が私のおまんこからバイブを抜こうと引っぱっているのに、私のおまんこはしつこくバイブにしがみついちゃってるみたい。
抜かれるのも気持ちよかったけど、奥までずんって入れられると、つい声がでちゃう。
「あんっ!」
「一度イかせないと、バイブはなしてもらえないみたいだね。」
サトルくんはバイブのスイッチを入れて、クリトリスをぺろぺろと舐めてくれた。
サトルくんが私のクリトリスを舐めてくれるなんて、信じられない。
バイブはおまんこの中で、凶暴に暴れているし・・・。
アタマが白くなって、私は今までだしたことないようなえっちな声であえいでいた。
「アイちゃんの愛液で、このバイブ汚れちゃったから、アイちゃんにあげるよ。その代わり、アイちゃんのおまんこも、俺に貸してね。」
サトルくんはバイブを抜くと、コンドームをつけたちんぽを私のおまんこに挿入した。
バイブで感じまくっていたおまんこは、ちんぽをすんなりと呑みこんでしまって、すっごく気持ちがいい。
「アイちゃんのおまんこ、ひくひくしてて、熱いねー。コンドームごしでもヤバいくらいイイよ。」
サトルくんの声がちょっと苦しそうで、ひどく真剣な顔をしてる。
「俺がアイちゃんのために選んだバイブ、ぴったりだったみたいだね。」
?Ψ?Ψ8? ゆっくりとちんぽを動かしながら、サトルくんが笑う。
「・・・あのバイブ、・・・新品だったの?」
気持ちよさに流されそうになりながら、私はサトルくんに確認した。
「新品のバイブだよ。まさかこんなに上手くいくとは思わなかったけどね。」
サトルくんが私の脚を大きく開いて、折り曲げるようにした。
ちんぽがおまんこの奥の方に届いて、突かれるたびに、子宮に響くみたい。
バイブも気持ちよかったけど、やっぱり本物のサトルくんのちんぽの方がずっといい・・・。
私は派手な声をあげながら、サトルくんのちんぽがくれる快感に酔っていた。
セフレだったらヤだなって思ってたけど、サトルくんとは付き合えたし、体の相性もばっちりで今もラブラブなの♪
Copyright(C) 淫鬼の棲む地下室 All Rights Reserved. designed by flower&clover