処女を3PでAV撮影

縦書き表示サービス『 竹取 』
タローが事務所に、えらく上玉の女を連れてきた。
はちきれんばかりの巨乳、両手でつかめそうなウエスト、すらりとした細くて長い足。
ちょっと子供っぽさの残った童顔は清純な処女って感じで、高く売れそうだ。
「アニキ、借金のカタに娘を連れてきました。」
系列の風俗店で働かせるのが惜しいくらいの逸品だ。
「お前、名前は?」
「・・・アイです。」
アイはかわいらしい童顔に似合わず気が強そうで、俺を睨みつけてくる。
俺はアイが目の前で泣き叫ぶところを見てみたくなった。
「まずは、3PでAV撮影でもするか。」
「やった!アニキと3Pなんて、久々ですね!」
3Pときいたタローが子供のようにはしゃいでいる。
俺は引き出しからハンディカムを取り出し、アイの全身を舐めるように撮影した。
「服を全部脱げ。」
俺が命令すると、アイはぎこちない動きで、ストリップをはじめる。
抜けるように白い肌は誰にも汚されていない雪のようで、シミひとつなかった。
童顔とはアンバランスな巨乳の上に、ピンク色の乳首がちょこんとのっており、薄い陰毛からおまんこが透けて見えている。
まだ成熟する前の瑞々しい体からは若さがあふれていた。
「撮影しろ。」
俺はタローにカメラを渡すと、両手でアイの巨乳をつかんだ。
おっぱいのもっちりとした手ごたえとキメの細かい肌の感触がとてもすばらしい。
勃起した乳首を舌でなぞりながら、俺はアイの顔を見上げた。
声を出すのをこらえるために、唇を強く噛んでいるアイの表情はうっすらと上気していて、この先が楽しみでわくわくしてくる。
「そこの机に仰向けに寝ろ。」
大きな机の上に横たわっても、アイの巨乳はこんもりと盛り上がっている。
カメラの前に両足を大きく開かせて、愛液でつやつやと光っているおまんこを撮影する。
「ずいぶん敏感だな。見かけによらず、淫乱か?」
指でワレメをなぞるだけで、ぬるぬるとした愛液がどんどんあふれてくる。
「クリトリスも大きいし、オナニーしてるだろ?」
クリトリスを軽くツメでひっかくようにしながら、俺はアイを言葉責めした。
「オナニーなんて・・・してません。」
ぬるぬるの膣口に指先を埋め込み、そのままゆっくりと奥まで挿入する。
途中、指先に抵抗を感じたから、やっぱり処女だったようだ。
「処女なのにレイプされるなんて、かわいそうになあ。しかも、3Pだし。」
少しずつ指を上下に動かしながら俺がいうと、
「こんなの別に、どうってことありませんから!」
指を入れるだけでも、痛みがあるはずなのに、まだ強がっている。
「ふーん。そうか。」
おまんこを指で拡げながら、クリトリスをこちょこちょとくすぐる。
「くっ・・・うっ・・・。」
おまんこが指をきゅうっとしめつけてきて、アイが感じているのがよくわかる。
俺はクリトリスを舌で舐めながら、アイの乳首を指で愛撫した。
「ああっ・・・くんっ・・・。」
あえぎ声を我慢しきれなくなったアイは、涙を浮かべながら、首を振った。
膣壁が俺の指を何度もしめつけては緩んだ。
「イったみたいだな。処女なのにイくなんて、感度バツグンじゃないか。」
俺はアイの体を起こさせて、勃起したちんぽを突き出した。
真珠入りのちんぽは、ぼこぼこと歪んでおり、グロテスクだ。
アイは俺のちんぽをみないように、目をそらした。
「よそみしてないで、フェラチオしろよ。そんくらいの知識はあんだろ?」
少女のような童顔を黒ずんだちんぽでぴたぴたとはたくと、アイは覚悟を決めたように俺のちんぽの根元を手でつかんだ。
涙をこらえながら、俺のちんぽをおずおずと舐めているアイの表情は、ぞくぞくするほど俺を興奮させ、俺はアイを手放すのが惜しくなってきた。
ぎこちなく拙いアイのフェラチオは俺をイかせるにはほど遠かったが、アイに自分のおかれている立場を十分に自覚させたようだ。
「よつんばいになって、ケツをこっちに向けろ。」
犯されるのがわかっているアイの表情は不安そうで、セックスに対する恐れが感じられる。
それでも、抵抗しても無意味だとわかっているアイは、従順に机の上でよつんばいになった。
「今度はタローのちんぽをフェラチオしろ。」
タローは嬉しそうに、カメラを持ったまま、ちんぽを出す。
フェラチオしている顔を撮影させながら、俺はアイのおまんこを指でかきまわした。
「意外とフェラチオ好きみたいだな。さっきよりおまんこがほぐれてるぜ。」
クリトリスを指でいじりながら、おまんこに人差し指と中指を挿入する。
「くぅん・・・はふ・・・。」
そろそろよさそうなので、俺はちんぽにコンドームをつけた。
妊娠させてしまったら、商品にはならない。
「仰向けになりな。俺が女にしてやるよ。」
タローはしぶしぶ、ちんぽを勃起させたまま、挿入を撮影するために俺の方に近づいてきた。
「力を抜け。」
俺は亀頭でワレメを何度もなぞり、アイの表情を窺った。
目をぎゅっと閉じて、俺のちんぽを受け入れようとしているアイはひどく緊張していて、心臓の鼓動がきこえてきそうだ。
クリトリスを指でいじって、アイの気をそらせながら、ゆっくりとちんぽを挿入した。
「ん・・・くっ・・・。」
アイの頬を涙が伝った。
破瓜の痛み、屈辱、羞恥・・・いずれにしても、俺に犯された記憶は一生残るだろう。
タローからカメラを受け取って、血がにじむ結合部をアップで撮影する。
俺が射精したら、今度はタローの番だ。
タローは若いだけあって絶倫だから、朝までハメまくりだろうな。
3Pでたっぷりとかわいがってやったら、アイはセックスの悦びに目覚めるかもしれない。
あえぎ声をあげはじめたアイの体を見下ろしつつ、俺はさらに腰の動きを早めた。
Copyright(C) 淫鬼の棲む地下室 All Rights Reserved. designed by flower&clover