3Pならではのニ穴プレイ

縦書き表示サービス『 竹取 』
金曜の夜、車で友達の家に向かっていた俺は、OL風の美人が一人で歩いているのを発見した。
とりあえず、ナンパしてみる。
「お姉さん、俺と遊ばない?」
OL風のメガネ美人は、俺の顔と車をみると、興味を示した。
イケメンの上に、高級車に乗ってる俺のナンパ成功率は80%くらいだ。
助手席に乗ったアイと一緒に、友達の家に着いた。
「おお、サトル!今日は美人連れだな。」
トオルはアイの全身を舐めるようにみながら、俺たちを歓迎してくれた。
トオルはデブでブサイクだが、いろいろと使えるヤツだ。
アイは自分を視姦しているトオルを睨むと、俺の腕に手をかけた。
俺と二人っきりになれるどこか違うところに行きたいのだろうが、今日の俺は3Pしたい気分なので、アイが口を開く前に、抱きしめてディープキスした。
トオルの前でのキスがいやなのか、アイはちょっと抵抗したが、舌で口内を舐めまくっているうちにおとなしくなり、体から力が抜ける。
脱力したアイを抱きかかえて、トオルのベットに寝かせた。
俺がアイの両手を押さえつけてキスしているうちに、トオルがアイの服を脱がせていく。
「ちょうどイイモノがあったんだよー。」
トオルは嬉しそうにいいながら、アイの乳首とおまんこに薄いピンクのジェルを塗った。
「んんっ!」
すぐにアイが甘い声をあげる。
「即効性で強力な誘淫剤入りのジェル・・・もうヤりたくてたまんないはずだよ。」
アイは顔を上気させて、目を潤ませ、両足をこすり合わせるようにもじもじしている。
「アイちゃん、かわいくおねだりできたら、気持ちよくしてあげるよ。」
トオルが服を脱ぎながら、アイに声をかけた。
「誰が・・・アンタになんか・・・。」
「俺、気が強い女が堕ちてくのって、大好きなんだよねー。」
トオルはアイの両手に手枷をつけて、ベットの上の柵に固定した。
「サトル、おまんこ、ちょっとだけ指でさわってみて。」
アイのおまんこのワレメを指でつうっとさわってみると、アイが嬌声をあげて体をのけぞらせた。
「ああんっ!」
「すっげえ濡れてる・・・。」
ベットまで濡らす勢いで、アイのおまんこからは愛液がたれている。
「もうさあ、我慢できないくらい体がうずいてるだろ?」
トオルはアイの表情を観察しながら、両手できつくアイの乳首をつまんだ。
「あぅん!」
アイはもう自分で脚を開いて、おまんこを丸見えにしている。
「今、おねだりできないと、このまま、ずっと放置するよ?」
冷たい声でトオルがいうと、アイは恐怖の表情を浮かべて、
「お願いします・・・私を気持ちよくしてください・・・。」
トオルはにやにやしながら、俺にバイブとローターを渡した。
バイブをおまんこに入れると、スムーズに奥まで呑みこまれていく。
「ああっ・・・はあっ・・・うう・・・。」
「気持ちいいだろう?おまんこがどうなってるか、いってごらん。」
トオルはアイの髪をやさしくなでながら、片手で乳首をこねている。
「はんっ!おまんこに太いバイブが入ってきて、おまんこの中がひくひくしてます・・・。」
俺はバイブのスイッチを入れた。
「ひぃんっ!バイブが・・・おまんこの中で振動しながら、うねってますぅっ!」
バイブをゆっくりと出し入れすると、アイのあえぎは悲鳴のようになった。
「ああっ!バイブがぐちゅぐちゅって、おまんこをかきまわしていて・・・イイですっ・・・もっと・・・もっとぉ・・・。」
バイブを奥につっこんだところで、俺はバイブを動かすのをやめた。
「もっと気持ちよくなりたかったら、俺のちんぽをしゃぶりなさい。」
トオルのちんぽはここからでもわかるくらい臭いニオイを発している。
アイは従順に口をあけて、トオルのちんぽをしゃぶった。
「イイコだ。もっと舌を使って・・・そうそう・・・。」
俺はアイのクリトリスにローターをあてて刺激しながら、アナルにもジェルを塗った。
ひくひくとアナルが収縮して、俺の指を誘い込む。
アナルの中に小さなローターを埋め込んで、スイッチを入れた。
アイは体を震わせて、
「イく・・・イっちゃいますっ!」
と叫んだ。
「断りなくイくなんていけないコだね。おしおきしなくちゃ。」
トオルはアイのアナルからローターを抜くと、慣ら?しもしないで、アイのアナルにちんぽを挿入した。
「ぎひぃぃぃっ!」
口からよだれをたらして、アイが悲鳴をあげる。
「ああ、アナルが切れちゃったね。でも、気持ちいいんだろ?」
淫らなアイの表情に、俺もヤりたくなり、アイのおまんこにちんぽを挿入した。
3Pならでは、ニ穴プレイだ。
「おまんことアナルにちんぽ咥えられて、嬉しいだろう?」
「嬉しい・・・です・・・ああっ・・・あぅんっ!」
アイは後ろからトオルにアナルを犯され、俺にしがみつきながら、あえぎ続ける。
「おまんこ、すごいしまるな・・・。」
「アナルもバージンらしくて、キツキツだ。」
俺達もだんだん、射精したくなってきた。
「アナルとおまんこに中出しされたい?それとも、おしりとおまんこにぶっかけてやろうか?」
トオルがアイの耳元でささやくと、アイはうっとりとした表情で、
「中出ししてください・・・アイのおまんことアナルに濃い精液たくさんちょうだい・・・。」
アイの望みどおり、俺とトオルはおまんことアナルに思いっきり中出しした。
アイはびくんびくんと痙攣しながら、失神した。
3Pはまだまだはじまったばかりだ。
俺はさらに腰を振り続けた。
Copyright(C) 淫鬼の棲む地下室 All Rights Reserved. designed by flower&clover