女教師不倫緊縛プレイ

縦書き表示サービス『 竹取 』
出会い系で出会ったアイは、高校の女教師だった。
男子校ではないものの、若くてきれいな女教師には、なにかとストレスがたまるらしい。
同僚や上司によるセクハラや男子生徒の性的なからかい、父兄にも悩まされているんだそうだ。
しかも、ダンナは単身赴任でセックスレス。
ストレスでどうにかなりそうになると、こうして行きずりのセックスで発散・・・運任せのリスキーなストレス解消法だと思う。
人妻で女教師っていうイメージ通りのスレンダーで知的な美人のアイは、つややかな黒髪にメガネがよく似合う大人の魅力あふれる女性だ。
体育会系の部活で鍛えた筋肉質の体とよく天然といわれる俺の性格がお気に召したらしく、アイとのセックスは4回目になる。
人妻との不倫というより、先生と生徒のいけない関係っていう方が、なんかしっくりくるけど。
俺にグチったり、甘えたりしてくるアイは、かわいくて守ってあげたくなってしまう。
俺がアイのためにできることといえば、アイが他の男に会いたいと思わないくらいすごいセックスをすることぐらいだ。
俺はSM緊縛プレイを試すことにした。
女教師はどうしてもSっぽくふるまわないといけないが、俺のみたところ、アイは誰かに甘えたり頼ったりするのが好きなM気質だと思う。
簡単に亀甲縛りができるようになっているSM用のロープを使って、アイの体を縛り、アイマスクをつけた。
オレンジのロープでおっぱいを強調され、後ろ手に縛り上げられたアイはそれだけでかなり興奮してしまったようだ。
乳首をきつくつまんだだけで、
「あひぃんっ!」
と派手なあえぎ声をあげた。
美乳の形を愉しむように両手でおっぱいをもんで、アイの美しい顔に舌をはわせる。
視覚をさえぎると、触覚が敏感になるようで、アイはすぐにあえぎ声をあげる。
「ん・・・サトル・・・なんかすごく感じちゃう。」
俺はアイの耳元に唇を寄せて、思いっきり言葉責めしてやった。
「アイ先生は緊縛好きの変態淫乱女だってことじゃない?本当はこうやっていじめられたかったんだろう?」
すべすべのおしりを両手でぎゅうっとつかみあげ、おまんこを拡げるように左右に引っぱる。
股間に通したロープがおまんこに喰いこんで、自分で立てなくなったアイは俺の体にもたれかかってきた。
「アイ先生が緊縛されてこんなに悦んでるなんて、生徒が知ったらどう思うかな。ダンナさんだって、知らないんでしょ?」
おしり側からおまんこのワレメを指でなぞると、愛液があふれてぐちょぐちょになっていた。
緊縛プレイでこんなに感じるなんて、やっぱりアイはMだったらしい。
「知らないよぉ・・・私だって、知らなかったもの・・・。」
股間のロープをずらして、ワレメを指でぐりぐりとえぐる。
アイは完全に俺に体重を預けて、あえぎ声をあげ続けている。
重くなってきたので、俺はアイをベットに運んだ。
上半身をベットにのせ、床にひざをついた状態で、後ろ手に縛り上げられ、アイマスクをしているアイの姿は俺の嗜虐心をくすぐった。
俺はアイのおまんこにバイブを挿入して、股間のロープで押さえて、はずれないようにした。
「はうんっ・・・いやぁ・・・こんな・・・。」
アイのおまんこの奥まで届いているバイブは振動しながら、ぐねぐねとくねっていて、強すぎる刺激にアイが体をよじっても、ロープで固定されているのでずれない。
「イっちゃう・・・もうイく・・・。」
アイが体を震わせてイっても、俺はそのまま放置した。
バイブの刺激で強制的にイかされているアイは、俺の名前を呼びながら、ずるずると床にずり落ちていった。
少しでもバイブの刺激から逃れようと足をくねらせているのが、ますますいやらしい。
「サトル・・・お願い・・・もうバイブはずして・・・。」
バイブのスイッチを切って、おまんこから抜き取ると、ねっとりとした愛液がバイブについていて、おまんこは物足りなそうにひくついている。
バイブをはずしたまま、俺は黙って、アイのおまんこを観察していた。
よだれのように愛液をたれながしたおまんこは、生き物のように収縮を繰り返していて、何かを差し込まれるのを待っているようだ。
「サトル・・・ねえ・・・入れてぇ・・・。」
アイがおねだりするので、俺はおまんこに指を突っ込んでやった。
ぬるぬるのおまんこの中は、ひくひくしていて、いつもより熱い気がする。
「いやぁん!指じゃなくて・・・。」
俺は乱暴に指でおまんこをかき回しながら、
「アイ先生、ちゃんといわないと、わかんないよ?」
アイのアイマスクをはずした。
アイは潤んだ瞳で俺を見上げながら、
「サトルのおちんぽ、おまんこに入れてほしいの。」
極めて露骨に要求してきた。
俺は指の代わりにちんぽをおまんこに挿入した。
腕が下になっているのが痛そうなので、俺はアイを抱き上げて、俺のひざの上にのっけた。
騎乗位だが後ろ手に縛られているアイは自分ではほとんど動けない。
俺のまったりとした抽送がじれったいらしく、アイは物欲しそうに俺をみつめている。
「痛くてもいいから、もっと激しくしてぇ。」
リクエストに応えて、俺は激しくおまんこを突き上げた。
悲鳴のような嬌声をあげながら、アイは何度もイきまくった。
セックスの後、ロープをほどいても、手首にロープの痕が残ってしまったが、アイはかなり満足したらしく、すっかりリフレッシュして帰っていった。
次回から、緊縛するのは、服の下になる部分だけにしようと思いつつ、俺は股間の部分が愛液でしっとりと湿ったロープを片付けた。
Copyright(C) 淫鬼の棲む地下室 All Rights Reserved. designed by flower&clover