人妻熟女公開セックス

縦書き表示サービス『 竹取 』
出会い系で出会ったアイは人妻で、俺より年上の美熟女だった。
かなり年上のダンナさんとは、もう思い出せないくらい前にセックスしたきりで、ずっと空き家状態。
まさに食べ頃って感じの女盛りの肉体は、誰にも食べられないまま、たいへんもったいないことになっていた。
世の中にはヤりたくてたまらん男が大勢いるっていうのに、アイみたいに淫乱な人妻の性欲を誰も満たさないっていうのは、ホントに惜しいよねえ。
自分が浮気なんて考えられなかったアイは、ずーっと女としての自分を抑えこんでいたらしい。
でも、ダンナさんの浮気相手が自宅までのりこんできて、ぷちーんっと糸が切れちゃった。
そっからはもう、若い男と浮気しまくり。
俺と出会った頃には、すっかり淫乱のセックス好きになっちゃってたね。
美人で淫乱で、あとくされがない人妻。
太ってるわけじゃないけど、スレンダーでもないギリギリのバランスを保ってるプロポーション。
俺、肋骨が浮いてたりするような女、ダメなんだよね。
なんか気持ち悪いじゃん。
女はやっぱり、抱いててやわらかくて、ふわふわした感じじゃないとさー。
アイはかなり俺の理想に近い。
手のひらサイズのおっぱいに、薄いベージュの乳首。
ウエストはきゅっとくびれてるし、おしりだってちゃんとあがってる。
ぷりんとしてて、すべすべのおいしそうなおしりだ。
なめらかな太ももに・・・すぐにたっぷりの蜜をあふれさせるおまんこ。
しかも、年上だから、俺がやんちゃなことをしても、包み込んでくれるってゆーか。
俺の方が先にイっちゃっても、全然気にしないでくれるし。
セックスの相手としちゃ、最高だと思う。
アイも俺を気に入ってくれてるみたいで、割と頻繁に会って、セックスしてた。
ある日、アイに連れられてラブホテルに入ったら、コンコンとドアがノックされた。
アイがドアをあけると、ちょっと太目の女と小柄な女が部屋の中に入ってきた。
太目の女はかわいい顔してるけど、おばさんって感じで、小柄な女はおっぱいがでかいのだけがとりえってわかってるみたいで、巨乳を強調した服を着てる。
アイはにこにこしながら、俺に二人を紹介した。
まさかこいつらも入れて4Pとかいわないよな?
俺はぞっとしながら、愉しそうに微笑んでいるアイの顔を窺った。
「今日はね、私のお友達に、私がセックスしてるの、みててもらおうと思って。」
さらっと今、すげえこといわれた。
アイって露出狂なのか?
露出狂にしたって、フツー、友達にセックスみせたいとか思うか?
俺の戸惑いを放置して、アイの友達はベットの側に移動した。
アイはどんどん服を脱いでいき、すっぱだかになって、ベットに寝そべる。
「ねえ、早く来てぇ。」
アイは脚を大きく開いて、おまんこをむき出しにしていて、そのおまんこの気持ちよさを知っている俺は、もう我慢できなくなった。
乱暴に服を脱ぎ捨てて、アイの肢体におおいかぶさる。
ごくりとつばを飲む音がきこえた。
アイのおっぱいを手でいじりながら、舌を絡ませあうように濃厚なキスをする。
「はあ・・・アイってホント変態だよな。」
乳首をきゅっとつまみながら、俺は嬉しそうにあえいでいるアイを見下ろす。
友達に見られて興奮しているのか、今日のアイはすごく敏感だ。
「だって、お友達にサトルのこと話しても、全然、信じてくれないんですもの。」
アイは俺とのセックスを友達に自慢していたらしい。
「早くサトルのちんぽ、お友達にも見せてあげて。」
アイの手が勃起している俺のちんぽをトランクスの上から、何度もなぞって、俺のちんぽはびくびくと震えた。
トランクスを脱ぐと、俺のちんぽは先走りをたらして、ぬめぬめと光っていた。
「大きい・・・。」
「あんなのおまんこに入るのかしら。」
一瞬、息を呑んだギャラリーから、うらやましそうな声があがる。
アイは俺の脚の間に入ると、みせつけるような激しいフェラチオをはじめた。
ぺちゃぺちゃと舌でちんぽ全体を舐めまわし、ちゅぶっと口に咥える。
俺をイかせる気はないようで、指を使わないからまだ射精を我慢できるが、ヤバいくらいに気持ちいい。
「ちょっと・・・ヤバいって・・・。」
アイは俺のちんぽを咥えたまま、上目づかいで俺を見上げる。
「サトルだって、興奮してるじゃない。変態〜♪」
確かにギャラリーがいるのに、平気で勃起している俺は変態入ってるのかもしれない。
コンドームを俺に手渡したアイは、自分の指でおまんこをくちゅくちゅといじりはじめた。
「今日はもう前戯しなくていいから、ちんぽ、おまんこにちょうだい。」
アイの指がおまんこからあふれる蜜をかきだすように動いている。
俺はいそいそとコンドームを装着しながら、アイの淫らなオナニーを眺めた。
やっとコンドームをつけたちんぽをアイの膣口にあてがう。
「早く入れて・・・。」
アイの言葉が終わる前に、俺はアイのおまんこに侵入した。
前戯してないおまんこは、人妻だとは思えないほど狭くてキツい。
熟れた果実のように、アイのおまんこからは蜜がしたたる。
「はんっ!おっきくて硬いわ・・・。もっと奥まできてぇ。」
アイにいわれるまま、俺はちんぽでアイのおまんこの奥を突いた。
熱い・・・しかも、まだイってないのに、おまんこの中がうねっている。
俺はギャラリーに早いと思われたくなくて、射精感を必死でこらえた。
体位を変えて時間を稼ぐ。
俺は腰を振りながら、公開セックスだけで終わるように祈っていた。
Copyright(C) 淫鬼の棲む地下室 All Rights Reserved. designed by flower&clover