金髪パイパン美女とHなお勉強

縦書き表示サービス『 竹取 』
出会い系で出会ったマリーは、金髪の外人だった。
たまに、メールの文面がおかしかったりしたので、不思議に思っていたけど、まさか外人だとは思わなかった。
マリーは留学生で、外人好きの男には興味がなく、普通に恋愛してみたかったらしい。
たしかに、モデルのように美人で、金髪巨乳のマリーをみれば、誰でもヤりたいっていうのが先行してしまうだろう。
地味なオタク系の俺とマリーじゃ、全然、つり合いが取れないが、なぜかマリーは俺を気に入り、積極的に迫ってきた。
一人暮らしの俺の部屋で、露出の多い肢体をすり寄せてこられたら、俺みたいな童貞卒業したての男はひとたまりもない。
ぎこちなくマリーを押し倒し、唇を合わせると、俺の口の中にマリーの舌が入ってきた。
俺はなんだかウニを思い出しながら、やわらかなマリーの舌の感触に酔っていた。
歯をなぞられ、舌の裏をちろちろと舐められ、アタマがぼうっとしてくる。
「サトルのウタマロみせて?」
ウタマロってなんだ?と思っていると、マリーの手は俺のズボンを脱がし、トランクスまで下げようとした。
「ウタマロってちんぽかよ!?」
動揺して、思わず叫んでしまう。
「ちんぽ?サトルのコレ、ちんぽっていう?」
マリーの手がトランクスの上から、俺の勃起したちんぽをこすって、俺はあひぃんと声をあげそうになった。
「そ、そうだよ。ウタマロじゃなくて、ちんぽっていうんだ。」
「ね、ダメ?サトルのちんぽみたい・・・。」
マリーが上目づかいでおねだりしてくるので、俺は抵抗しきれなくなった。
「いいけど、マリーもみせて。」
「オッケー!私から脱ぐね!」
マリーはあっという間に服を脱いで、裸になった。
すごいボリュームの巨乳。
すらりとした長い脚。
そして、つるつるのパイパン・・・。
な、なんでおまんこに陰毛がないんだ?
またしても動揺しているうちに、俺はトランクスを剥がされた。
興奮して勃起しているちんぽは隠しようもない。
「すごいねー!サトルのちんぽ、立派♪」
マリーは嬉しそうに俺のちんぽを咥えようとする。
「ちょっと待って・・・何するつもり?」
「何って、セックス?」
俺のちんぽの根元を手でつかんだまま、マリーは不思議そうに首をかしげて俺をみる。
「ちんぽエレクトしてるから、サトルもイヤじゃないでしょ?」
俺が返事するより早く、俺のちんぽはマリーの口に咥えられた。
フェラチオ初体験の俺は、マリーの口に咥えられている俺のちんぽをみてるだけでも、射精してしまいそうだった。
ちんぽを舐めまわしている舌がありえないほど気持ちいい。
マリーの指が玉袋をやさしくもんでいて、俺はどんどん追いつめられていった。
「出るよ・・・もうダメ・・・。」
アタマの中が真っ白にスパークして、俺はマリーの口の中に口内発射してしまった。
ちゅうっと吸い上げられて、口からゆっくりちんぽを出されても、俺のちんぽは大きくなったままだ。
マリーは口内発射された俺の精液をごっくんと飲み干すと、満足そうに舌なめずりした。
「サトルのちんぽ、おいしいよ。アタシのヴァギナも食べて?」
濡れ濡れになったパイパンおまんこを目の前で拡げられて、俺は夢中でクンニした。
「イイ・・・サトル上手・・・ソコ・・・。」
マリーはクンニしている俺の顔をみつめながら、あえぎ声をあげ続けた。
パイパンのおまんこはすごくクンニしやすくて、愛液がたくさんでてくる。
マリーの反応のよさに気をよくした俺は、マリーのおまんこに指を挿入した。
「はうんっ!・・・はあ・・・ああっ・・・。」
俺が指を動かすたびに、マリーはイイ声であえぐ。
オウ!とかカモン!とかいわれなくてよかったと思いつつ、俺はマリーのいいところを指で刺激し続けた。
クリトリスをちゅうっと強く吸いながら、おまんこの奥を指でゆすぶっていると、アイはおまんこをびくびくと痙攣させた。
「すごい・・・よかった・・・。」
うっとりとした顔で俺をみるので、
「ああ、イったんだね。」
というとマリーは、
「イく・・・イくっていうのね・・・。」
おまんこをぴくぴくさせながら、つぶやいた。
イくときにはちゃんと報告するようにいってから、俺はマリーのおまんこへの愛撫を続けた。
一度イったマリーのおまんこは、ちょっとの刺激ですぐにイってしまう。
「イくぅ・・・またイく・・・。」
何度もイってぐったりしたマリーは、勃起したままの俺のちんぽを手で握りながら、
「もうサトルのちんぽほしい・・・。」
とねだった。
俺はコンドームをつけて、愛液でどろどろになっているマリーのおまんこに挿入した。
「大きい・・・サトルのちんぽ、大きくて硬いね・・・。」
指マンで何度もイっていたマリーは、俺のちんぽを挿入されて、さらに大きな声であえいだ。
「イイっ!おかしくなりそう!ああっ!もっとぉ・・・。」
乱暴なくらい激しくちんぽを出し入れすると、マリーは悲鳴のような声をあげながら、俺にしがみついてくる。
マリーとのセックスはやみつきになるくらいよかった。
その後も、マリーの巨乳でパイズリしてもらったり、淫語をわざとたくさん教えたりして、マリーとのセックスを愉しんだ。
マリーの帰国とともに、俺たちの関係は終わってしまったが、マリーとのセックスは俺の青春のすばらしい宝物だ。
Copyright(C) 淫鬼の棲む地下室 All Rights Reserved. designed by flower&clover