コギャル3P

縦書き表示サービス『 竹取 』
出会い系でやっとゲットした女の子と待ち合わせしてみれば、思いっきりコギャルだった。
しかも、二人連れ。
あー、こりゃ、ラブホテル行きなんてムリだなぁ。
一瞬であきらめた。
このまま、家に帰って、一人さびしい時間を過ごすのもなんだし、コギャルと遊ぶのも悪くないかと自分にいいきかせる。
カラオケに行って、コギャル達が歌っている全部同じに聞こえてしまうイマドキの歌を聴きつつ、レンジでチンしただけの軽食を食べる。
コギャルとはいえ、二人ともけっこうかわいい。
積極的な性格らしいアイは、ぱっちりとした目を強調したメイクをしていて、露出の多い服装をしている。
はっきりと浮き出た鎖骨や若さあふれる太ももについ目を奪われてしまうが、スレンダーな体型でおっぱいやおしりはそれほどのボリュームではない。
おとなしい感じのユウは、かわいいというよりキレイ系で、俺とはほとんど話さない。
俺的にはユウの方が好みなんだけど、こっちから何度も話しかけるほどの根性はないので、こっそりとみつめるくらいにしておく。
声が枯れるくらい歌って満足したらしいアイは、俺にぴったりとくっついて座って、俺の顔をのぞきこんだ。
「おなかいっぱいになったし、歌うのも飽きたから、ラブホテルでも行く?」
思わず、援交か?って考えたのが顔に出ていたらしい。
「援交じゃないよ?」
って笑われた。
ラブホテルに三人で行くなんてはじめてだ。
アイだけでなく、ユウまで一緒に来るとは思わなかった。
ユウがシャワーを浴びている間、アイが俺に抱きついて、ズボンの上からやや勃ち状態のちんぽをさすった。
「あたし、オジサンが好きなんだよねー。ユウもサトルさんならいいっていうし。」
俺が戸惑っているうちに、アイの手が俺のベルトをはずし、ズボンが足元に落ちた。
アイはわくわくした様子で、俺のトランクスを脱がす。
俺のちんぽを見たアイは、
「サトルさんのちんぽ、黒くて使い込まれてる感じだねー。」
といいながら、そっとちんぽをにぎった。
俺に抱きついて、キスしながら、ちんぽを手でゆるくしごく。
アイのつけている甘い香りの香水がアタマの芯をしびれさせて、俺はおずおずとアイの細い体に手を回した。
「もうぬるぬるになってるよ?」
イタズラっぽく笑いながら、先走りで濡れた手を俺にみせるアイは小悪魔っぽくて、俺はすぐにも押し倒したい衝動に駆られた。
シャワーを浴びたユウがバスタオルを巻いただけの格好で、こっちに歩いてくる。
すんなりと伸びた足に、細くて長い手、大事なところをギリギリで隠しているバスタオルにときめいてしまう。
「シャワー浴びてくるね。」
アイはあっさりと俺から離れていき、俺は下半身をむき出しにした状態で、取り残された。
ユウはくすっという感じの大人っぽい笑いを浮かべて、俺をベットに連れていった。
「先にはじめましょ。」
仰向けになった俺の上にまたがったユウは、俺に体重をあずけるようにして、キスしてきた。
背中に腕を回してきつく抱きしめながら、ぬちょぬちょと舌を絡める。
せっけんの香りとシャワーの後の上気した顔がたまらなく色っぽい。
キスで濡れた唇を舐めながら、ユウは俺の下半身へと移動した。
すぐに俺のちんぽは、ユウの口の中に包まれた。
シャワーを浴びてないちんぽは、臭くて汚いのに、ユウは熱心にフェラチオしている。
亀頭の先がのどにつくくらい奥まで咥えられて、じわじわと唇が先っちょの方に向かう。
じれったくなるくらいゆっくりとした動きに、細くて長い指での刺激が加わり、のけぞりたくなるくらい気持ちいい。
ばたばたと足音を立てて、全裸のアイがベットに飛び込んできた。
「あたしもフェラチオしたーい!」
アイは俺にまたがり、ユウと一緒にフェラチオしはじめた。
ちょっと首をあげると、アナルもおまんこも丸見えだ。
俺はアイのおしりに手をかけ、おまんこをクンニした。
「あんっ!サトルさん、クンニ上手・・・。」
アイのおまんこを舌で責め、指を入れてぐちゅぐちゅとおまんこの中をかき回していると、
「もうあたし、我慢できないよぉ!」
アイが俺の体にしがみついた。
「じゃ、今度は私にクンニして?」
アイが騎乗位で俺のちんぽをおまんこの中に咥え込み、ユウが俺の顔の上に、おまんこを差し出した。
3Pに興奮しているのか、ユウのおまんこはフェラチオしただけで、ものすごく濡れている。
アイのおまんこの締めつけをちんぽに感じながら、俺はユウのおまんこをクンニした。
「あ・・・はぁ・・・気持ちいい・・・。」
ユウはうっとりとした顔で俺を見下ろしている。
自分のおまんこが舐められているのをみて、さらに興奮しているらしい。
「ねえ、サトルさんも動いてぇ・・・。」
アイが腰を振りながら、ねだってくる。
3Pはなかなかハードだ。
俺はちんぽをアイのおまんこにぶつけながら、ユウのおまんこをせっせとクンニした。
ユウは自分の指でクリトリスをいじりながら、俺の顔におまんこを押し付けてくる。
「あんっ!もうイっちゃう!」
アイのおまんこの締めつけが一層強烈になり、俺はアイのおまんこの中に、射精してしまった。
中出しするつもりじゃなかったのに・・・。
射精した後、はっと我に返るが、すぐにユウのおまんこが俺のちんぽを咥えてしまった。
ユウのおまんこのしまりで、俺のちんぽはまた硬度を取り戻す。
「サトルさんのちんぽ、すごくイイ・・・。」
結合部をみせつけるように蛙みたいに足を曲げ、激しく腰を振りながら、悦んでいるユウにみとれていると、アイが寄り添ってきて、キスをせがむ。
淫乱で絶倫のコギャル達との3Pで精根尽き果てた俺は、その後、三日ばかり、足腰が痛くてたまらなかった。
Copyright(C) 淫鬼の棲む地下室 All Rights Reserved. designed by flower&clover