3P生ハメ

縦書き表示サービス『 竹取 』
先輩が俺のうちに押しかけてきて、女を紹介しろとさわぐので、俺は出会い系ですぐに会えそうな女の子を捜した。
正直、先輩に知り合いの女の子を紹介する気にはなれない。
幸い、近所で待ち合わせできる女の子がみつかったので、俺が一人で迎えに行く。
期待以上にかわいいコがいたので、俺はこのままラブホテルに直行したい誘惑と必死で戦った。
でも、二人で逃げたりしたら、どんないやがらせをされ続けるかわからない。
アイは明るくてかわいくて、彼女になってほしいくらい感じのいいコだ。
ああ、もったいない。
「やっぱり都合が悪くなっちゃったから、別の日に会わない?」
っていおうとしたとき、俺の後をつけてきたらしい先輩が現れた。
打ち合わせでは俺の部屋で待機していて、俺は先輩がいたことを知らなかったという演技をするはずだったのに。
「サトルじゃん。かーわいいコ連れちゃってぇ。」
先輩は俺の肩にがっちりと腕を回してくる。
当然、アイは驚いて、不安そうな顔をしている。
「この人、大学の先輩なんだ。」
「よろしくねー。せっかく会ったんだから、みんなでカラオケ行こうぜ!」
ためらっているアイの手を強引にひいて、先輩は知り合いがバイトしているカラオケに向かった。
しぶしぶ二人の後をついていきながら、俺はため息をついた。
カラオケという密室空間に、キケンな野獣と美女と野獣の暴走を止められない俺。
先輩は強いお酒をこっそり混ぜさせた酎ハイをアイにがんがん飲ませた。
断っても何かと理由をつけてはハイペースで飲まされるので、アイはすぐに酔っ払い、意識をなくした。
先輩の手がアイの服を脱がせていく。
アイは着痩せするタイプだったらしく、大きめの美乳とむっちりとした太ももがおいしそうだった。
「アイちゃ〜ん、ちゅっちゅちまちょ〜ね〜♪」
先輩がキモいことをいいながら、アイの裸体に覆いかぶさり、アイの可憐な唇を奪った。
ああ、こんなかわいいコが先輩のような男に汚されてしまうなんて。
片手でおっぱいをもみながら、先輩はアイの口内を舌で犯した。
「意識がなくても、乳首はびんびんだな。」
淡いピンクの乳首は先輩の指でつままれて、硬く尖っている。
キスに飽きた先輩は、アイの乳首をしゃぶり、舌で舐めまわした。
「うーん。肌がつるつるで、めちゃやわの美乳・・・たまらんねえ。」
オヤジのような感想をもらしつつ、おっぱいやウエスト、太ももを舐めていく。
先輩が舐めたあとには、ナメクジがはったような光るよだれのラインが残った。
「さーて、いよいよおまんこちゃんだね!」
アイの足を大きく開いて、ものすごい至近距離からまじまじとおまんこをみつめる。
「赤く充血したおまんこから、愛液がねっちょり出てるよ。このコ敏感なんだなあ。」
先輩はぼんやりと見ていた俺に、
「お前も上半身を愛撫しろよ。どうせもう勃起してんだろ?」
もちろん、俺だって健全な男だから、ジーンズの下のちんぽはとっくに勃起している。
俺はおそるおそるアイの勃ったままの乳首を舐めた。
「あんっ!」
突然、きこえたあえぎ声に顔をあげると、アイが目を開けて、驚いていた。
「え?なにこれ?なんで私、裸なの?」
動揺しているアイを無視して、先輩はおまんこをクンニしはじめた。
ぺちゃぺちゃと犬のように、一心不乱に舐めている。
「や・・・やだぁ・・・ああっ・・・ダメ・・・。」
アイは両手で先輩の頭を押さえ、舌の動きを止めようとしているが、そんなことでクンニを止めるような先輩ではない。
「お願い・・・サトルくん・・・助けて・・・。」
うっすらと涙を浮かべて俺を見上げて懇願するアイを見た瞬間、俺の理性がぷちんと飛んでしまう音がきこえた・・・。
両手でアイのおっぱいをもみ、指で乳首をくりくりといじりながら、ディープキスをする。
「おっ。サトルもやっとやる気を出したな。」
先輩が俺をからかいながら、アイのおまんこを手マンしている。
にゅくにゅくと舌を絡ませながら、俺はアイのおまんこに早くちんぽを入れたいと思っていた。
「もーおまんこもいい感じだから、俺が先にいただくな〜!生ハメ♪生ハメ♪」
ごそごそと勃起したちんぽを取り出した先輩は、アイのおまんこにナマのままあてがった。
生ハメがイヤなのか、アイが抵抗して、首をいやいやと振る。
アイの悲鳴がききたくなって、俺はアイの口の中から舌を離して、充血した乳首を舐めた。
「はぅんっ!やだ・・・入れちゃダメ・・・。」
もちろん、それで生ハメをあきらめるような先輩ではない。
俺は眉を寄せて生ハメの衝撃に耐えるアイの表情に、ぞくぞくするほどの興奮を覚えた。
先輩がちんぽを動かしているうちに、アイの表情がだんだん気持ちよさそうなものに変わっていく。
「アイちゃんのおまんこ、キツくていいよ〜。ちんぽに絡み付いてくる感じがたまらんねー。生ハメ最高!」
先輩はごきげんで、アイのクリトリスを指でこちょこちょといじりながら、抽送を繰り返している。
「はっ・・・や・・・やめて・・・。」
「おまんこをこんなにきゅうきゅうしめつけながら、やめてっていわれてもな〜。」
遅漏の先輩は、生ハメにもかかわらず、まだまだ射精してくれそうにない。
俺は待ちきれなくなって、自分のちんぽをしごきながら、亀頭をアイのおっぱいにこすりつけた。
俺も早くアイのおまんこに生ハメしたい・・・。
俺の中にはもう、強制3Pされているアイをかわいそうに思う気持ちは、少しもなくなってしまっていた。
Copyright(C) 淫鬼の棲む地下室 All Rights Reserved. designed by flower&clover