乱交接待

縦書き表示サービス『 竹取 』
取引先の課長を接待に連れて行った。
行き先は、俺の出入りしている乱交クラブだ。
ここは会員のゲストとしてでないと、普通の人は出入りできない。
課長はドアを開けた瞬間に、目に入った光景に呆然としていた。
一人の少女に三人の中年男性が群がり、フェラチオさせながら、後ろからペニスを入れ、おっぱいにしゃぶりついているグループ。
座位で後ろから若い男性のペニスを打ち付けられながら、別の男性のペニスを両手でしごいている熟女のグループ。
女性のアソコを舐めている男性のペニスを別の女性がフェラチオしていて、アソコを舐められている女性がフェラチオしている女性のアソコに指を出し入れしているグループ。
他にも二人でやってる人たちやそれらをながめながら、飲み物を飲んで休憩している全裸の人たちもたくさんいる。
「すごいね・・・。」
「ゴムをつけるのと、相手に嫌がられたらやめる。ルールは二つだけです。」
「あ、ああ・・・。」
トランクスの前を大きくしたまま、呆然としている課長に、つややかな黒髪を肩まで伸ばした美少女が近寄ってきた。
抜けるような白い肌はぴちぴちしていて、真っ赤な口紅を際立たせている。
少女は裸で、手のひらにすっぽりとおさまりそうなおっぱいと、黒髪同様につややかに光るアンダーヘアを隠しもせずに近づいてくる。
「はじめまして、オジサマ。」
にっこりと微笑む美少女の笑顔にみとれた課長はぽかんとしている。
「こんにちは。マキちゃん。」
「キムラさん、お久しぶり。」
マキちゃんは俺の方をみて、あいさつをした後、課長の方に向き直った。
「オジサマははじめていらしたんでしょ?」
キスしそうなくらいに顔を近づけて、片手はトランクスの上から、勃起したペニスを撫でている。
玉袋から、ペニスの形をなぞるように、ゆるゆると指を動かして、ペニスにもどかしいような快感を与えているのだろう。
「課長、ラッキーですね。マキちゃんはテクニシャンですよ。」
課長は自分のおかれている状況が信じられないという顔で俺をみたが、マキちゃんがトランクスの中に手を入れて、直接ペニスを愛撫しはじめたので、それどころではなくなってしまった。
「うふふ。オジサマのペニス、すっごく大きくて、感じやすいのね。もうよだれをたらしてるわよ。」
おっぱいを裸の課長の胸に押し付けて、上下にゆれながら、トランクスの中でペニスをしごいているマキちゃんは楽しそうだ。
「ねえ、もう食べたいな。舐めてもいい?」
マキちゃんが舌なめずりしながら、甘えるようにささやくと、課長はぶんぶんと首を縦に振った。
マキちゃんは課長の前にヒザ立ちになると、両手をかけて、トランクスをおろした。
ぷりんとそそりだったペニスが飛び出し、先走りで濡れているのが遠目でもわかる。
「おいしそう。」
マキちゃんは根元を両手で支えて、下の方に軽くひっぱると、亀頭の先にちゅっとキスをした。
「ああっ。」
課長は思わず、声がもれてしまったらしい。
そのまま口いっぱいにほおばったマキちゃんは、ゆっくりと上下に出し入れする。
当然、口の中ではスクリューのように舌でペニスに愛撫を加えているのだろう。
マキちゃんは口の中からペニスを出すと、舌先でぺろぺろとカリの周りや裏筋、玉袋を舐めだした。
ちらちらと上目づかいで、課長の感じている様子を確認している。
俺はマキちゃんの後ろにかがみ、マキちゃんのアソコに手を伸ばした。
「あいかわらず、フェラチオすると、興奮してぬれちゃうみたいだね。」
人差し指と中指の腹でワレメをそっとなぞると、愛液があふれているのがよくわかる。
何度か指を往復させた後、じわじわと膣の中に中指をおしこんだ。
「うん・・・ふ・・・。」
感じながらもペニスをしゃぶっているらしく、くぐもったあえぎ声がきこえてくる。
「も・・・もう出そうだ!」
課長がせっぱつまった顔で叫ぶと、マキちゃんのしゃぶる音が激しくなった。
ちゅ・・・ぐちゅ・・・。
「マキちゃんはお口に出されるのが好きなんで、課長の精液を飲ませてあげてください。」
マキちゃんのアソコに中指を出し入れしつつ、課長に声をかけると、
「イ、イく・・・。」
体をこわばらせて、マキちゃんの口の中に射精してしまったようだ。
はあはあと荒い息を繰り返す課長に、マキちゃんが、
「ごちそうさま。」
といって、口をぬぐった。
「まだ下のお口はペニスを食べてないみたいだね?」
マキちゃんの中はまだキツい。
「そうなの。オジサマは今日はもうおしまい?」
やっと息が整ってきた課長は、
「もうちょっと時間をおけば、回復するよ。」
と答えた。
「じゃあ、マキちゃんの受け入れ態勢を整えようか。」
マキちゃんの中から指を抜き、課長の方にお尻が向くようによつんばいにさせた。
課長は後ろから、マキちゃんのアソコにしゃぶりつき、口と舌でマキちゃんを愛撫しはじめた。
「あ・・・オジサマ、気持ちいい・・・。」
俺はマキちゃんの前に座って、両方の乳首を指で愛撫しながら、マキちゃんの手でペニスをしごいてもらった。
課長はマキちゃんの中に指を入れ、指を出し入れしながら、反対の手でクリトリスを刺激する。
「は・・・オジサマ・・・もうほしいの。オジサマのペニス、ちょうだい。」
課長は回復して立ち上がったペニスにゴムをつけて、マキちゃんのアソコにあてがい、ぐっと奥まで突き刺した。
「ああん。おっきいの。オジサマのペニス、ステキ・・・。」
マキちゃんは体をのけぞらせて、悦びの声をあげている。
ぐちゅ・・・ぐじゅ・・・。
課長がマキちゃんのおしりに腰を打ち付けるたびに、いやらしい音が響く。
「ああ、アイ、イっちゃう・・・。オジサマのペニスが奥にあたってるの。」
口の端からよだれをたらして、マキちゃんはイってしまったらしい。
「うう・・・しまる・・・。」
課長の腰の動きが止まり、射精したようだ。
俺は接待の成功を確信した。
Copyright(C) 淫鬼の棲む地下室 All Rights Reserved. designed by flower&clover